松本 卓也/Takuya Matsumoto

タンザニア共和国・マハレ山塊国立公園にて野生チンパンジーの研究をしています

最近の活動

書籍『生態人類学は挑む SESSION 3 病む・癒す』が出版されました


『医療診断なきチンパンジー社会の「障害」について』の章を執筆しました
2021年12月

信州大学理学部生物学コースに進化人類学分野 松本研究室ができました


助教(テニュアトラック)として着任しました。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

2021年4月

フィールドワークに行ってきました


2019年度は、5月1日〜12日、9月9日〜12月22日、1月26日〜3月22日の計約6ヶ月間、マハレ山塊国立公園にてフィールドワークを行いました。